梅雨時期・夏バテ対策

蒸し暑くなり気温と湿度の上昇から、心身の不調が現れやすいときですが、皆様お変わりないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、清涼感のある香りとして親しまれている「ミント」

ストレスや神経疲労を和らげ、心身をリフレッシュさせてくれることでも知られています。
さらに、このミントの香りに、体感温度を約4度下げ、不快感を軽減させるという実験結果が!

さらにゴキブリも嫌いな香りだそうです。

取り入れ方

アロマスプレー:スプレー容器に無水エタノール、精油を加えて混ぜた後、精製水を加え、よく振って混ぜます。

ひんやりおしぼり:首筋に冷湿布をしてみましょう。

湿布の水にミントを加えれば、さらに体感温度を下げてくれるので効果が増します。

気分スッキリさわやかクリーム・パウダー:クリームの素と、ミントをまぜて出来上がり☆ 眠気もスッキリ。

ひんやり気持ちよく、肩こり、筋肉疲労、眼精疲労の緩和にも。

汗の多い脇や足の指の間にはパウダーを♪ 水虫予防になります。

コーンスターチとお好みの精油を混ぜるだけで出来上がり☆彡

ミントローションでヘッドスパ:頭皮も紫外線を浴びてケアを求めていますよ。 精油+お水でヘアトニック!

シャンプー前後にヌリヌリ スッキリ爽快ですよ‼

頭皮ケアにおすすめオイル:ローズマリー(育毛)、ラベンダー(日焼け)など

虫よけ・カビ対策                              

精油を活用すれば、フレッシュな香りが楽しめるだけでなく、蚊を遠ざけたり、カビ予防になりますよ。

精油で虫よけスプレーやクリームを作る

リストバンドなどに原液を含ませる:ベビーカーやカバンにはハンカチなどに精油を垂らしたものを結び付けたり。

アロマディフューザーで空気中に噴霧:虫が嫌う香りは、人間にとってはさわやかに感じられるものが多く、気分もすっきりします。

窓ふきに

保冷材で虫よけ消臭剤:保冷剤を常温にし、中身を瓶に入れ、精油をいれて混ぜれば出来上がり☆玄関や靴箱に。さわやかな香りで虫よけ💛

空気浄化対策:精油の多くには、雑菌の繁殖を抑える効果が認められています。湿気が多く、気持ちも塞ぎがちな季節に、アロマを生活に取り入れ清潔に快適に過ごしましょう。

みつろうや大豆ワックスで虫よけキャンドル:みつろうや大豆ワックスを湯煎で溶かし、固まる前に精油を入れて出来上がり☆ アウトドアなどにも。

掃除機の紙パックに

香りは体調、季節によっても感じ方が違います。

また、自宅のにおいは分からなく、他の方の家のにおいがわかるように、嗅覚は慣れます。

好きな香りも時々変えたり、ブレンドしたりしてみると変化もあり心地よいですよ。

注意点

精油は生きています。精油原液は、開封後1年以内に使い切りましょう。

作成したスプレーは2~3週間程度、クリームは1か月程度で使い切るようにしてください

  • 不快感や刺激を感じたら、流水で流し、換気し、使用を中止しましょう。
  • 3歳未満の乳幼児には、芳香浴以外は行わないようにしましょう。
  • 引火性があります。火気のそばにはおかないようにしましょう。

皆様と一緒に、快適ライフのお手伝いをいたします。

皆様の健康を心より願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です